しらぬい荘居宅介護支援センター

施設概要

基本情報

※指定居宅介護支援事業所(指定)

所在地
〒869-0511
熊本県宇城市松橋町曲野35番地の1
TEL:0964-34-0515  FAX:0964-34-0512
事業所番号
4372300345
事業所名
しらぬい荘居宅介護支援センター
営業日
原則として月曜日から土曜日(8:30〜17:30)ただし年末年始(12月28日〜1月3日)を除く

通常の実施地域

宇城市、宇土市、熊本市、八代市、八代郡氷川町(その他の地域につきましては、ご相談ください)

利用対象者

要介護または要支援の認定を受けられた方

事業内容

  • 在宅介護における相談、援助及び各種申請代行
  • 要介護認定申請に係る援助
  • 保健・医療・福祉サービスの利用調整
  • サービス提供事業者の情報収集、連携
  • 地域の高齢者向施設などの情報収集、連絡調整
  • 地域包括支援センターとの連絡調整
  • アセスメントの実施
  • サービス担当者会議の開催、連絡調整
  • 居宅(介護予防)サービス計画の作成
  • サービス利用状況の把握(モニタリング)及び評価
  • 給付管理
  • 介護支援専門員に求められる資質の向上

交通アクセス

JR
鹿児島本線松橋駅下車し、タクシーで5分。
バス
九州産交バス松橋ターミナルより砥用町行き「大野橋」下車し、徒歩3分。
九州縦貫自動車道「松橋インター」より国道218号線を松橋町方面へ直進し、県道松橋停車場線へ。曲野交差点通過後、200mほど先の大野橋手前右折後すぐ。
上に戻る

事業計画

目的

本事業は、介護保険法等関係法令を遵守し、介護や生活支援を必要とする利用者及び家族の意向を踏まえて、適切な保健医療・指定居宅サービス等が総合的かつ効果的に提供され、高齢者が可能な限りその居宅において本人の能力に応じて、自立した日常生活を営むことができるよう支援することを目的とする。

実施地域

通常の事業の実施地域は、宇城市、宇土市、熊本市、八代市、八代郡氷川町の区域とする。

運営

社会福祉法人水光会が設置するしらぬい荘居宅介護支援センターによって事業の運営にあたる。

利用対象者

第1号・2号被保険者で介護保険要支援・要介護認定において、要支援または要介護状態と認定された被保険者を対象とする。

営業日

原則として月曜日から土曜日までとする。ただし、年末年始(12月28日〜1月3日)を除く。
営業時間(8:30〜17:30)

事業方針

基本方針

本事業は、介護保険制度の動向、高齢者ニーズも多様化・高度化していく現状にある圏域の福祉情勢の変化を迅速に把握・対応しながら、要介護状態の軽減若しくは要介護状態となることの予防に資するように行うとともに、高齢期になっても住み慣れた地域でできるだけ自立した生活を続けられるようにするため、高齢者一人一人の日常生活を重層的に支える観点から、個々人の心身状態の特性を踏まえ、また、その有する能力・ニーズに応じて介護保険サービス及び医療サービスまたは多様な生活援助サービス、さらにはボランティアや地域住民によるネットワーク等とも連携し、各種サービスが一体的に提供されるようにする。

介護保険制度においては、要介護者である利用者に対し、個々の解決すべき課題、その心身の状況や置かれている環境等に応じて保健・医療・福祉にわたる指定居宅サービス等が、多様なサービス提供主体により総合的かつ効率的に提供されるように行い、『高齢者の自己決定権の尊重』『自分らしい生活の継続』及び『自立支援』という介護保険制度の基本理念に基づき、利用者から相談、依頼があった場合には、利用者自身の立場に立ち、常にまず、その居宅において日常生活を営むことが出来るように支援する。

具体的取扱方針

  • 指定居宅介護支援事業所の管理者は、介護支援専門員に居宅サービス計画の作成に関する業務を担当させる。
  • 指定居宅介護支援の提供に当たっては、懇切丁寧に行うことを旨とし、利用者又はその家族に対し、サービスの提供方法等について、理解しやすいように説明を行う。
  • 介護支援専門員は、居宅サービス計画の作成に当たっては、利用者の自立した日常生活の支援を効果的に行うため、利用者の心身又は家族の状況等に応じ、継続的かつ計画的に中立・公正の立場で指定居宅サービス等の利用が行われるようにする。
  • 標準担当件数:一人当たり35件(居宅介護支援)とする。

今年度の重点課題

  • 利用者のニーズを的確にとらえ、自立支援と重度化予防を目指したケアマネジメント体制の確立に努める。
  • 専門研修への参加及び自己研鑽を行うことにより、専門職としての資質の向上に努める。
  • 主任介護支援専門員指導のもと、困難事例ケース検討及び新規利用者の情報を共有し、事業所全体で居宅サービス計画作成に取り組む。

事業内容及び計画

ケアマネジメント

  • アセスメントの実施
  • サービス担当者会議の開催、連絡調整
  • 居宅サービス計画の作成
  • サービス利用状況の把握(モニタリング)
  • 介護保険関係における相談、援助及び各種申請代行
  • 保健・医療・福祉サービスやサービス提供事業者の情報収集、連携
  • 指定居宅サービス事業所等との連絡調整
  • 要介護認定申請に係る援助
  • 介護支援専門員に求められる資質の向上

専門性・資質の向上のための研修

  • 主任介護支援専門員研修(専任で実務経験5年以上)
  • 熊本県介護予防支援ケアマネジメント従事者研修(熊本県主催)
  • 宇城圏域介護支援専門員連絡協議会主催の研修(年6回程度)
  • 宇城市介護支援専門員連絡会主催の勉強会(年4回)
  • 課内研修・会議(週1回)
  • その他各種団体が主催する研修会
  • 利用料

    無料(ただし、法定代理受領分以外については介護報酬の告示上の額)

    介護予防支援事業(地域包括支援センター委託事業)

    目的

    高齢者が住み慣れた地域で安心して生活を継続できるように要介護状態になることをできる限り予防する。このため「その人の生活・人生を尊重し、できる限り自立した尊厳ある生活を支援すること」を基本理念とし、利用者の生活状況を分かりやすくイメージできるよう、具体的な日常生活における行為について目標を明確にし、セルフケアや地域の公的サービス、介護保険サービスを適切に利用する計画を作成し、達成状況を評価して必要に応じ地域包括支援センターと連携しながら計画の見直しを行い支援します。

    実施地域

    原則として熊本市、宇城市圏域の区域とする。

    運営

    熊本市、宇城市の各地域包括支援センターより業務委託を受託し、社会福祉法人水光会が設置運営する。

    利用対象者

    要介護認定で要支援1、要支援2と認定された利用者。

    営業日

    原則として月曜日から土曜日までとする。ただし、国民の祝日、年末年始(12月28日〜1月3日)を除く。

    業務内容

    『介護予防マネジメント』

    • アセスメント
    • 介護予防サービス計画原案作成
    • サービス担当者会議の開催
    • 介護予防サービス計画書の交付(地域包括支援センター確認後)
    • サービスの提供
    • サービス利用状況の把握(モニタリング)
    • 評価
    • 給付管理(実績管理)
    • 地域包括支援センターとの連絡調整

    標準担当件数

    介護支援専門員一人当たり上限廃止に伴い居宅介護費+予防費=40件以内とする。

    上に戻る