ケアハウス下通り

施設概要

基本情報

所在地
〒860-0807
熊本県熊本市中央区下通2丁目1番4号
TEL:096-319-3030  FAX:096-319-3131
事業所名
ケアハウス下通り
利用定員
20名

利用対象者

60歳以上の方(ご夫婦の場合、片方が60歳以上であれば可)
日常生活がご自分で出来る方(在宅サービス等の利用による生活可)

その他

交通アクセス熊本市電電停「通り町筋」下車
下通りアーケード入り口から徒歩5分(コア21角曲がる)
利用料(月額)管理費、サービス提供費、生活費、冬季加算(11月〜3月)
居室の水道光熱費・電話料などは自己負担
居室一人用:27.5〜30.0m²……18室(Aタイプ27.5m²/Bタイプ30.0m²)
二人用:47.02m²……1室
※各居室バルコニー付き
居室設備トイレ、洗面所、ミニキッチン、シューズボックス、クローゼット、バルコニー、エアコン、ナースコール(24時間対応)、インターネット利用可
冷蔵庫及び洗濯機設置可
居室は個室で二方向に窓を設け通風、採光、換気を考慮し、窓ガラスには防音、断熱効果の高い二重サッシを採用
1階玄関にはオートロックを採用しセキュリティーにも配慮
お支払方法入居時一時金:100万円
月額:所得額に応じて異なります。
※詳細についてはお尋ねください。

交通アクセス

上に戻る

行事

季節行事年間計画

行事
4月桜花見とランチ
つつじまつり(しらぬい荘)
5月端午の節句(料理教室)
春遠足(動植物園)
6月防災訓練
7月七夕祭り
日帰り旅行(天草)
8月夏祭り(ケアハウス)
納涼盆踊り大会(しらぬい荘)
9月敬老会
レントゲン検診
10月運動会
日帰り旅行
登仙忌(しらぬい荘)
11月紅葉祭(創立記念日)
12月クリスマス会
餅つき(しらぬい荘)
防災訓練
1月元旦
初詣
どんどや(しらぬい荘)
2月節分
バレンタインデー(料理教室)
3月雛祭り
梅花見
月例折り紙教室(月1回)
ケアハウス懇談会(第4水曜日)
ディナー
誕生会
ティータイム(月1回)
脳トレ(週1回)
備考この他必要に応じて各種行事を実施。
上に戻る

事業計画

基本的ケア方針

ケア目標:「街中のケアハウス」の利点を生かした生活ケア

都市型・小規模という施設の特徴を最大限に活用しつつ利用者が安心して暮らせる住まいと安定した生活を提供する。また、利用者個々のQOLの低下を防ぐために利用者個人を中心とした生活ケアを実践することを基本方針とする。

利用者のケア

入居者の自主性を尊重しつつ、できる限り自立した在宅生活を送ることを基本方針とする。そのための支援として具体的には、①安全管理や相談対応などによって日常生活への安心感を提供する。②食事の提供・入浴準備という基本的なサービスを提供する。③介護サービス事業者や家族と連携を図り、適切なサービス提供がなされるよう支援していく。

健康管理

年1回の健康診断・主治医との連携・必要に応じた健康チェック・健康相談を行い、異常の早期発見、予防に努める。月1回の懇談会、お知らせの周知、個別相談などの機会を利用し、食事・入浴についての情報提供を行なう。感染予防の為、日頃から、嗽、手洗いの励行、感染予防の知識など、高齢者の健康管理について周知させていく。口腔ケアについても予防に努める。

防災計画

  • 定期的な防災・避難訓練を計画し、消防機関の協力を得ながら実施する。
  • 利用者および職員の防災教育を年2回計画実施する。毎月職員会議後に緊急時の非常通報・機器等の取り扱いの確認をする。
  • 計画的に防火管理者講習に職員を派遣し防災意識の高揚を図る。
  • 緊急連絡網を整備し、災害・緊急時の24時間対応を実施する。
  • 24時間体制で防犯・防火警戒監視・非常通報を民間警備会社(セコム熊本支社)に委託し、連絡を取りながら災害・緊急時に対応する。

ケア充実の重点目標

生きがい活動の支援

ケアハウス内での文化活動や趣味活動だけでなく、地域活動やボランティア活動などの情報を提示するなど入居者の地域参加を支援する。小規模施設の利点を生かし、入居者参加型の行事を計画する。

要介護者への対応

入居後、心身機能が弱化してきた要介護者に対しては、在宅サービスがスムーズに行われるよう支援していく。不足するサービスについては補充していき、安定した生活が送れるように努める。

季節行事年間計画

入居者のQOLの向上、入居者同士の交流を図る事を目的として、季節及び月例行事を計画実施していく。この他にも随時入居者の希望を取り入れた行事の実施に努めていく。

上に戻る